topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリートメントタンク - 2011.11.10 Thu

こんにちは!mustangです!

今回はトリートメントタンクを紹介します!

この水槽の使い方は購入したエビちゃん達のトリートメント・メイン水槽に害虫等入れないを目的としています。

ゆくゆくは掛け合わせ・お母さんエビの産卵場所、最後はちびエビちゃん専用水槽にしたいと思います。

水槽データ:

1.ガラス水槽(センチ表示)  ADA Do!aqua W30×H30×D30 25ℓ
2.濾過フィルター        テトラ ツインブリラントフィルター
3.底床              マスターソイル(ノーマル)1.5ℓ
4.照明              アクシー ファインスポット
5.その他             ADA NサーモメーターJ・ADA ガーデンマット・水作水心S-2
6.水草              アヌビアス ナナ×1
7.PH/GH            6.3/5.0
8.水温              23~26度


1.きれいに洗います
トリートメント4

2.マスターソイル1.5ℓ敷きます
トリートメント5

3.器具類をつけてメイン水槽の飼育水を入れます
トリートメント6

4.濁りが取れたらエビちゃん投入
トリートメント7

5.軽いレイアウト&完成
トリートメント8


立ち上げの注意点
1.マスターソイルは洗いません。そのまま敷いて使います。
2.立ち上げ2時間で生体を入れていますが、これはこなれた飼育水を100%で入れているからです。
 新規水の場合、自分流はバクテリア剤を入れて次の日にパイロットえびちゃんを入れます(生体の数は5匹程度です)
3.流木はアク抜きした物、ウィローモスはトリートメント済みの水草です。


やはり小型水槽では立ち上げが楽ですねー^^

ちなみになぜ飼育水を100%使うかと言うと、マスターソイルは洗わないとたまに亜硝酸塩が検出したりします。

出たりでなかったりするので、なんとも言えないですけど一応出た場合を想定して硝化サイクルのできてる飼育水を使います。

ただ硝酸塩の数値が高い飼育水を使うと赤ちゃんエビ達やママエビがダメージを受けて最悪★になってしまう可能性があります。

飼育水を使う場合は、硝酸塩の数値が低い水を使ってください。

それではまた^^

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mustang0701.blog.fc2.com/tb.php/28-1415d9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

足し水用タンク «  | BLOG TOP |  » 完全無農薬冷凍ほうれん草

プロフィール

mustang og

Author:mustang og
ようこそ!小倉シュリンプの部屋へ^~^’ レッドビーシュリンプの育成・ブリードなどゆる~くやっていますww あとオークションでたまに出品致します。宜しくお願い致します!。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

レッドビーシュリンプ (7)
飼育環境 (5)
飼育環境(経過) (11)
飼育方法 (8)
繁殖方法 (2)
餌 (1)
ソイル (5)
レッドビーシュリンプ用品(データ) (7)
オークション (0)
熱帯魚 (2)
熱帯魚用語 (1)
害虫 (2)
その他 (1)

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。