topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟NGBRプレミアブラウンソイル飼育環境 - 2013.04.09 Tue

こんにちは!mustangです!



本日は新潟NGBRプレミアブラウンソイル立ち上げ内容を載せます。

今回はプレミアブラウンソイル+プレミア黒ソイルです。

では見た目
ブラウン


立ち上げ日:2013年3月20日

水槽データ
1.ガラス水槽(センチ表示)  コトブキW30×H30×D30 22ℓ
2.濾過フィルター        ニッソーバイオフィルター30
                  テトラ ブリラントフィルター                            
3.底床              プレミアブラウンソイル(ノーマル)3ℓ:プレミア黒ソイル(パウダー)1ℓ
4.照明              アクシー ファインスポット
5.その他             ADA NサーモメーターJ・ADA ガーデンマット・水作水心SSPP-2・マジックリーフ 
                  ジェックス ホットパック100
6.水草              ウィローモス・ヒメボタン
7.PH/GH            6.1/3
8.水温              24度

仕様自体は変わらないですね。

新潟NGBRのHPでブラウンソイルの方がPHが低いと記載がありました。

ノーマルの上に黒ソイルのパウダーは余っていたので使いました。

ソイル自体の見た目は若干茶色いかな?程度で黒ソイルとあまり変わらない気がします。

今回も漬け込み&ざるにとって洗いました。

それと、黒ソイル水槽とブラウン+黒ソイルで決定的に違いが出ました・・・

それは・・・

ケンミジンコの存在です。

今回立ち上げた水槽は過去に立ち上げた黒ソイルと、やり方・水・設備はほぼ一緒なのですが、

黒ソイルは立ち上げ初期より4ヶ月ケンミジンコは発見できませんでした。

ブラウンソイルには立ち上げ2週間程度でケンミジンコがちらほらいました。

現在2つブラウンソイルで立ち上げましたが両方の水槽でケンミジンコがいます。

この違いはなんでかはわかりません。

わかる人いたら教えてください^^;

ちなみにこの水槽はある計画に使います。

今は内緒です^^内緒にする必要もないですが・・・

ヒントはこれです。
ブラウン2


それではまた!!






スポンサーサイト

新潟NGBRプレミア黒ソイル飼育環境 - 2013.03.21 Thu

こんにちは!mustangです!

今日は先日記事にした水槽のデータを乗っけます。

立ち上げ日:2013年11月17日

水槽データ
1.ガラス水槽(センチ表示)  コトブキW30×H30×D30 22ℓ
2.濾過フィルター        ニッソーバイオフィルター30
                  テトラ ブリラントフィルター                            
3.底床              プレミア黒ソイル(ノーマル)3ℓ:プレミア黒ソイル(パウダー)1ℓ
4.照明              アクシー ファインスポット
5.その他             ADA NサーモメーターJ・ADA ガーデンマット・水作水心SSPP-2・やしゃぶの実・
                  ジェックス ホットパック100
6.水草              ウィローモス・ヒメボタン
7.PH/GH            6.1/3
8.水温              24度

見た目はこんな感じです。
ブラック2

プレミア黒ソイルは洗って使用するとの事なので、ざるに移し洗いました。

詳しくは、新潟NGBRさんのHPに書いてあります。

洗う前に、飼育水&エビランドさんの水槽のたれにて1日漬け込みました^^

ソイルを漬け込むって??

ちょっと驚きますよね?

自分もエビランドさんの記事を見て漬け込む理由は??だったのですが、

実際漬け込んでみると、自分的には緑色のきれいなコケが普段より早く生えます^^

緑のコケは稚エビのご飯になるし、うちの環境では水質が安定してる時に出るのでありがたいです。

実際の効能はエビランドさんのブログに詳しく乗っています。

のぞいてみてください^^

自分なりのやり方は別の機会でアップしますね。

やり方はエビランドさんとは違いますが・・・

エビランドさんは漬け込む時間が短いようです。

自分の水槽では漬け込む時間で後々水槽の環境が変化するように思えます。

これは実験する必要があるかもしれませんね^^

あと底面フィルターはかなり弱めにして、ブレイクポイントを伸ばしています。

伸ばせているはずです・・・w

スポンジフィルターはかなり強めです。

水換えは茶コケが出だしてから、1週間に2~4ℓです。

そのあと緑コケになってからは水換えの頻度を下げます。

プレミア黒ソイルは3ヶ月ぐらいでブレイクするとよく目にするのですが、現在4ヶ月で稚エビも大きくなっています。

そろそろ新しく立ち上げた方がいいようですね。

次回はエビランドさんの水槽のたれの紹介です^^

それではまた!


メイン水槽(エビちゃん用) - 2011.11.17 Thu

こんにちは!mustangです!

今日はひそかに立ち上げていたメイン水槽をアップします!

基本的には1本で繁殖・孵化・成長をやるつもりです。

ただ、赤ちゃんエビ・若エビちゃんの足止まり率が悪いようなら水槽を振り分けたいと思います。


水槽データ:

1.ガラス水槽(センチ表示)  コトブキW90×H45×D45 150ℓ
2.濾過フィルター        エーハイム2217 (給水口:テトラP-2スポンジフィルター)
                           (排水口:ADA リリィパイプ90センチ用)
                 エーハイム500 (給水口:ADA メタルジェットパイプ)
                          (排水口:ADA ポピーパイプ90センチ用)

3.濾過材             パワーハウスM・粗めスポンジ×4枚
4.底床              アマゾニア(パウダー)3.5ℓ:フルビックソイル1.5ℓ
5.照明              ヴォルテス 30W×3 
6.その他             ADA NサーモメーターJ・ADA ガーデンマット・水作水心S-2
7.水草              アヌビアス ナナ×9・ミクロソリウム ナロー×2
8.PH/GH            6.3/5.0
9.水温              24~27度



立ち上げ状況

1.熱帯魚用に使っていた水槽の水抜き・ソイル抜きします
水槽

2.空にして軽い掃除をします
メイン水槽001

3.ADAバクター100
水槽2

4.バクター100を水槽全体に敷く
水槽3

5.アマゾニア&フルビックソイル02をかき混ぜたら敷く(フルビックソイル02写真忘れました)
メイン水槽002

6.今まで使っていた飼育水をできるだけストックしておきます
水槽5


7.飼育水を2/1まで注入します(10分後に飼育水を抜きます)
水槽4

8.飼育水7割・新しいカルキ抜き水3割の割合で注入
水槽6

9.リセット時に取り出しておいた水草・ブランチウッドを入れます
水槽7

10.1週間後にパイロットフィッシュを入れました
水槽8

11.ロタラは水辺に浮かべています。
水槽9


流れはこんな感じです^^

今回は薄敷き仕様なのでレイアウトが限定されてします。

レイアウトは二の次で増やすを目的にした水槽を作っていきます。

あと画像の詳細を乗っけます。


1.プロホースを使って飼育水を抜きます。
 ソイルはスコップにてバケツに拾って捨てました。

2.水槽の底・壁面を軽くこすります。
 バクテリア等が付着しているのでこの工程は省いてもいいです。

3.ADAのバクター100は微生物が休眠状態で入っているので、底床内・水槽内が良好になるみたいです。
 自分はおまじない程度しか思っていkないですが^^;
 ただエビちゃん達がツマツマしているので気に入っています。

4.床面に適当に振り敷きます。

5.アマゾニアは洗わずに3.5ℓ・フルビックソイル02は洗って1.5ℓ入れました。
 合計5ℓです。ならすと厚さ大体1.5センチくらいになります。
 どちらとも栄養系のソイルです。なぜアマゾニアとフルビックソイルを混ぜたかと言うと...
 1.粒が硬質なフルビックソイルを使い粒の崩れを軽減
 2.底床の嫌気環境をなるべく作らない
 3.足しソイルをする時床底を掃除するのに潰れづらい

6.硝化サイクルの出来上がっている飼育水を使うことによって、アンモニア・亜硝酸塩をなるべく早く硝酸 塩へ返還したいがためです。新規水ではアマゾニアを使うなら最低1カ月は空回ししてください。
 アマゾニア自体からアンモニアが出ますのでフィッシュレス方法が可能です。

7.アマゾニア・フルビックソイルから汚れが出ます。なので一度水を注入してその後一度抜きます。
 この処理を新規水で行っても良いのですが、自分はアマゾニアのバージン水は飼育水で行う事で、PH・バ クテリアの繁殖等が安定しやすくなると思っています。

8.ソイルが舞わないようにコツコツ注入します。

9.調子のいい水草とバクテリアが付着したブランチウッドを入れます。
 新規水の場合はバクテリア等が繁殖していないので、水草等が成長し辛いです。
 (水草の成長とバクテリアの関係は今度記事にします)

10.1週間空回しして濁りが取れたら一度3/1程度換水します。
  PHが弱酸性に傾きすぎているのを換水することによって中性付近に戻します
  (PHと硝化サイクルについても今度記事にします)
  後、たまっている硝酸塩を外に排水します
  そしてアマゾニアを使っているにもかかわらず無謀にもパイロットフィッシュも大量に入れます^^;
  (この事も記事にします。皆さんは真似しないでください^^;)
  
11.今回マツモの代わりにロタラを浮かべました!

これからは90センチ水槽で本格始動します。

管理が大変だろうな^^;

がんばります!


あと今回は嫌気環境を作って脱窒方法を行う予定はないので薄敷き仕様にします。

脱窒方法は管理が難しい上にエビちゃん等の底物生物には負担がかかると思います。

ただ硝酸塩を還元する能力は捨てがたいのですが^^;


嫌気環境や脱窒方法については今度紹介いたします。


こんな感じでメイン水槽立ち上げました!いっぱい殖えるといいな!!

経過も乗っけます^^

トリートメントタンク - 2011.11.10 Thu

こんにちは!mustangです!

今回はトリートメントタンクを紹介します!

この水槽の使い方は購入したエビちゃん達のトリートメント・メイン水槽に害虫等入れないを目的としています。

ゆくゆくは掛け合わせ・お母さんエビの産卵場所、最後はちびエビちゃん専用水槽にしたいと思います。

水槽データ:

1.ガラス水槽(センチ表示)  ADA Do!aqua W30×H30×D30 25ℓ
2.濾過フィルター        テトラ ツインブリラントフィルター
3.底床              マスターソイル(ノーマル)1.5ℓ
4.照明              アクシー ファインスポット
5.その他             ADA NサーモメーターJ・ADA ガーデンマット・水作水心S-2
6.水草              アヌビアス ナナ×1
7.PH/GH            6.3/5.0
8.水温              23~26度


1.きれいに洗います
トリートメント4

2.マスターソイル1.5ℓ敷きます
トリートメント5

3.器具類をつけてメイン水槽の飼育水を入れます
トリートメント6

4.濁りが取れたらエビちゃん投入
トリートメント7

5.軽いレイアウト&完成
トリートメント8


立ち上げの注意点
1.マスターソイルは洗いません。そのまま敷いて使います。
2.立ち上げ2時間で生体を入れていますが、これはこなれた飼育水を100%で入れているからです。
 新規水の場合、自分流はバクテリア剤を入れて次の日にパイロットえびちゃんを入れます(生体の数は5匹程度です)
3.流木はアク抜きした物、ウィローモスはトリートメント済みの水草です。


やはり小型水槽では立ち上げが楽ですねー^^

ちなみになぜ飼育水を100%使うかと言うと、マスターソイルは洗わないとたまに亜硝酸塩が検出したりします。

出たりでなかったりするので、なんとも言えないですけど一応出た場合を想定して硝化サイクルのできてる飼育水を使います。

ただ硝酸塩の数値が高い飼育水を使うと赤ちゃんエビ達やママエビがダメージを受けて最悪★になってしまう可能性があります。

飼育水を使う場合は、硝酸塩の数値が低い水を使ってください。

それではまた^^

サブ水槽1 - 2011.09.08 Thu

こんにちは!mustangです!

今回はサブ水槽1を紹介します!

この水槽の使い方はうちのエビちゃん達を選別して上位の子たちの一時的な仮住まいとします。

メイン水槽が立ち上がり次第引っ越しする予定です。


水槽データ:

1.ガラス水槽(センチ表示)  コトブキW30×H50×D30 42ℓ
2.濾過フィルター        エーハイム500 (給水口:テトラP-2スポンジフィルター)
3.濾過材             パワーハウスM・粗めスポンジ×2枚
4.底床              マスターソイル(ノーマル)3ℓ:アマゾニア(パウダー)1.5ℓ
5.照明              アクシー ファインスポット
6.その他             ADA NサーモメーターJ・ADA ガーデンマット・水作水心S-2
7.水草              アヌビアス ナナ×3・アヌビアス ナナ プチ×3
                  ミクロソリウム ウェンディロフ×5
                  ミクロソリウム ナロー×2
8.PH/GH            6.3/5.0
9.水温              24~27度


立ち上げ風景です!

1.ベアタンク&ADAブランチウッド(空回し3日間)
サブ水槽1

2.マスターソイル(ノーマル)3ℓ
サブ水槽2

3.アマゾニア(パウダー)
サブ水槽4
サブ水槽5

4.水張り&空回し(1週間)
サブ水槽6

5.上記水草レイアウト・完成
サブ水槽7


現在はエビ君たちが80匹近く元気に住んでいます。
もともと1年近く熱帯魚水槽として使っていたセットなので、アマゾニアを
使っていても早期立ち上げが可能でした!

という事でしばらくはこの環境でがんばってもらいたいと思います!
今週にでもメイン水槽立ち上げたいと思います!

mustangでした@

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mustang og

Author:mustang og
ようこそ!小倉シュリンプの部屋へ^~^’ レッドビーシュリンプの育成・ブリードなどゆる~くやっていますww あとオークションでたまに出品致します。宜しくお願い致します!。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

レッドビーシュリンプ (7)
飼育環境 (5)
飼育環境(経過) (11)
飼育方法 (8)
繁殖方法 (2)
餌 (1)
ソイル (5)
レッドビーシュリンプ用品(データ) (7)
オークション (0)
熱帯魚 (2)
熱帯魚用語 (1)
害虫 (2)
その他 (1)

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。